こんにちは。大阪は桜が満開、目がかゆい店長です(>_<) ここのところずっとバッグの話だったので、今日は全く違う視点で... 普段仕事でメールのやり取りが非常に多いのですが、 「○○部長様」・・・うん?なんか違和感ない?と思ったことから

ビジネスシーンでの役職のついた方の呼称について

たとえば、社外の田中部長へメールするとき、
「田中部長様」なんて書いているメールがよく入ってきます。
よくよく調べてみると、この使い方はNGのようです。
というのも「部長」にはすでに敬称の意味が込められており、
ま、「田中部長様」は「田中様様」のようなものです。

よって田中部長にメールをするときには「田中部長」ですっきりと。

と言っても、田中部長ではなんか呼び捨てのようで、
しっくりこないなんて感じる場合もあるかと思いますが、
その場合は 「営業部長 田中様」と役職+様をつけるとOK.

で、ここで「様」についてちょっと解説すると、
様というのは基本オールマイティ、目上、目下、上位、下位、
関係なく使えます。
役職がはっきりしないなんて時も、「様」をつけておけば問題ありません。

また、社内の田中部長のことについて、社外の人に話をするときは
「田中部長は今席をはずしております」ですと、
上記の理由から「田中様は今席をはずしております」
ということになり、これもNGです。
この場合は、「部長の田中は・・・」もしくは「田中は・・・」でいいかと思います。

あと、よく見るのが「田中部長殿」これも調べてみたのですが、
本来「殿」は目上の者が、目下の者に対して使うべきものであり、
部長より下位の者や年下の者が使うとおかしいということになります。

あと、殿に関連して、よくビジネスシーンで見るのが「各位殿」
これも「各位」にはすでに敬称の意味が込められており、
上記の「田中部長様」同様、二重に敬称がつけられることになりNGです。
ただしくは、「各位」ですね(*^_^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る